A Change Of Seasons

I LOVE MUSIC!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shadow Gallery / Tyranny

TyrannyTyranny
(1998/09/22)
Shadow Gallery

商品詳細を見る


ネットを徘徊してて先日Gary Wehrkampの名を目にして、そういえばShadow Galleryを長いこと聴いてないなぁ・・・てことで取り出して聴いている。

Shadow Gallery自体はLIVEをしないのでアルバムでしかその存在が確認できないが、各メンバーはそれぞれに様々なBANDのアルバムやプロジェクトに参加して活躍している。

さて、このアルバム「Tyranny」は私がShadow Galleryに初めて出会ったアルバムである。アルバム一枚を一年に例え、様々な社会的問題や複雑な人間関係などを盛り込んだコンセプトアルバムで、その主旨について明確に理解しているわけではないが、とにかく壮大な音楽劇が繰り広げられている。緊迫する場面をサウンドにより表現する巧みさ、厚いコーラスワークで安堵の地へと導く懐の広さ、非常に表現力に優れたBANDである。
表現する世界は複雑で難しいものだが、小難しくて聴くことが疲れるものではなく、めまぐるしく変化し複雑な展開をみせるサウンドに乗るメロディはとても美しく心に残るのだ。
何度も聴いてるアルバムであるのに、聴きながら次にくる展開への期待でワクワクする。こんな気持ちにさせてくれるBANDはそう多くはない。
ちなみにこのアルバムにはD.C.クーパーやジェイムズ・ラブリエがゲストとして参加している。Dream Theater好きな私がこのアルバムを手に取ったきっかけなのだが、正直ラブリエの出番は曲の冒頭のたった一節であった。だがそれに余りある素晴らしいアルバムとShadow GalleryというBANDとの出会いにとても感謝している。


2005年発売の最新アルバム「Room V」が出てからもう3年になろうとしている。3~4年に一枚アルバムを出しているShadow Galleryの周期からすればそろそろ新譜のニュースがちらほら流れてもおかしくない時期にきている。今後もチェックしたいBANDだ。

オフィシャルサイト
http://www.shadowgallery.com/
MySpace
http://www.myspace.com/officialshadowgallery

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


お久しぶりです。IN VAINのところで以前コメント書いた者です。

シャドウギャラリーは実は私も物凄く好きなバンドでして、最初に聴いたのが名盤といわれている2nd「Curved in stone」でした。

もう?「クリスタリーン・ドリーム」が美しすぎて完全に殺されました。去年は何度聴いたことか…。

こういうプログレッシヴ・テクニカルメタルといわれるバンドの中でもメロディの美しさは特筆モンですよね!ただキャッチーで聴きやすいっていうバンドは他にもいますが、『う、美しいっ!!』と心底思わせてくれるバンドはそうそういません。

先ほどは4th「レガシー」を聴いていました。あれも「クリフハンガー2」の後半のソロの嵐が強烈すぎます!テクニカルでありつつばっちり盛り上がるフレージングと展開は見事としか言えません。

ホント、マイク・ベイカーの件は残念でしたよね…。決して上手いとはいえないけれどもこのバンドの一つの味でした。

何気にまだルーム?は手に入れていないので、すぐにでも買いたい気分です。
【2009/02/26 19:28】 URL | 名刀シイタケ #- [ 編集]

>名刀シイタケさん
どうも~!お久しぶりです(^-^)
確かに。Shadow Galleryはメロディの美しさが素晴らしいですよね!
コーラスパートも美しい。
Mikeの独特な声、そしてまた独特なGuitar、他にはいませんよね。
Mikeがあんなことになってしまって本当、残念でなりません。
確かに彼は特別うまいというワケではありませんが、唯一無二です。

「Legacy」は「Curved in stone」の後継と言われていますよね。
同じように「Room V」は「Tyranny」の後継と言われています。
Mikeの最後のアルバムとなってしまったので是非とも聴いてほしいです。
【2009/02/27 01:51】 URL | おでんち #- [ 編集]


おお、そんな関連があったんですね!あ、そういえば曲名がなんか見たことある感じでしたね。

なんか彼等のオフィシャルで、ちょっとずつ試聴できましたが、もう凄いですね…あのたかが数秒しか聴けない中でも「ああ、シャドウギャラリーだ」ってすぐ分かってしまいますもんね。

いやほんといいバンドです。

カールのフルートもこのバンドのいい個性ですよね~。あの音が聴こえてくると泣きそうになります。使いどころが絶妙すぎます。

1stのどこか冷たく煌びやかなキーボードも絶品ですし。

そういえば、1stはまだゲイリーがいませんが、ブレントも物凄い速さのソロを聴かせてくれますよね。で、気になるのが2nd以降のギターソロなんですが、あれってどっちが弾いているんですかね?個人的には独特のトーンがあるから大体がゲイリーなのかな?と思っていますが。
【2009/02/28 00:43】 URL | 名刀シイタケ #- [ 編集]

>名刀シイタケさん
私も彼らの音世界とギターの音色は唯一無二だと思います(^-^)

そうですね、フルートも素晴らしいですよね。ツボです。
きちんと曲構成を練り上げているんでしょうね~

ギターソロはきっとゲイリーでしょう・・・と私は思ってますがどうなんでしょうね?
【2009/03/06 01:31】 URL | おでんち #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://odenchi.blog82.fc2.com/tb.php/76-50bd4eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Author:Odenchi
HOME:
A CHANGE OF SEASONS

最近の記事
カテゴリー
twitter

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カウンター
ブログ内検索

last.fm

Recommend

リンク
RSSフィード
最近のトラックバック
LINK
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。