A Change Of Seasons

I LOVE MUSIC!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Porcupine Tree / Arriving Somewhere... (DVD)

Arriving Somewhere (2pc) Arriving Somewhere (2pc)
Porcupine Tree (2006/10/10)

この商品の詳細を見る


DISC-1

01. Revenant
02. Open Car
03. Blackest Eyes
04. Lazarus
05. Hatesong
06. Don't Hate Me
07. Mother And Child Divided
08. Buying New Soul
09. So Called Friend
10. Arriving Somewhere but Not Here
11. Heartattack In A Layby
12. The Start Of Something Beautiful
13. Halo
14. Sound Of Muzak
15. Even Less
16. Trains
17. End Credits


DISC-2 (Special Bonus Disc)

01. Photo Gallery
02. Lazarus Promo Video
03. Rockpalast TV Live
・Futile
・Radioactive Toy
04. Live Projections
・Halo
・Mother And Child Divided
・The Start Of Something Beautiful
05. Cymbal Song

2005年10月11、12日のシカゴでのショウを収めたPorcupine Treeにとっては初のDVD。

本日11月27日から3日間、名古屋、大阪、東京で単独では初の来日公演が行われています。
私は29日の東京公演に行くので、明後日のLIVEをひかえて再度このDVDを観ています。

来日公演へ向けてのBARKSのインタビューでSteven Wilsonは
こう語っています。

「今回は映像も持ち込むことで、より僕らのショウに相応しい雰囲気が出せると思うよ。Porcupine Treeは昔からずっと音楽と映像とを融合させてきており、とても重要なんだ。」

このDVDも生のLIVEそのままを映すのではなく、様々な映像加工が施されています。それはLIVEの雰囲気を壊すことなく、より演出効果を高めています。

DISC-1のLIVEのセットはここ最近定番化している流れですね、UDO MUSIC FESTIVALの際にも時間こそ短かったのでかなりの短縮版でしたがオープニングの"Open Car"から数曲、最後の"Trains"まで流れは同じ感じでした。
ボーナスディスクとなるDISC-2にはLIVEの際に使われた映像、Photo Gallery等が収められており、なぜココに入っているのか意味不明と巷でウワサの(?)"Cymbal Song"はシンバルのみの多重録音による楽曲(?)で、これがまた、「シンバルって単純な楽器だと思ってたけどこんなにいろんな音色が出せるんだぁ~」とすごく感動しちゃいました(笑)

さて、今日の名古屋はどうだったでしょうか・・・
明日の大阪は?
そして、明後日は・・・本当に楽しみです。
テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://odenchi.blog82.fc2.com/tb.php/11-bc11067a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Author:Odenchi
HOME:
A CHANGE OF SEASONS

最近の記事
カテゴリー
twitter

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カウンター
ブログ内検索

last.fm

Recommend

リンク
RSSフィード
最近のトラックバック
LINK
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。