A Change Of Seasons

I LOVE MUSIC!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE : Symphony X Paradise Lost World Tour in Taipei

もう帰ってきてから日にちが経ってきちゃったぞ。
記憶が薄れないうちに書かねば!

行って来ました、台湾!

Symphony X Asia Tour 最終公演は台湾・劍潭海外青年活動中心
DSC01568-s.jpg

研修センターみたいな施設で、講堂や会議施設、宿泊所など、複数の建物がある。

開場18:30、開演19:00のはずなのに待たされること1時間以上!
とっくに時間過ぎてるのにリハの音が聴こえてるし(;^_^A
散々待たされた後、やっと入場。
VIPチケットの優先入場で早く入れたのはよかったけど
入ってみると平面の前方がスタンディング、後方に椅子が並べてあり、
そのさらに後ろに2階席、でも入り口が違うようで、
この際、音より近さだろうということでステージ前へ。
ステージは柵などなく、まだ空いていたロメオ側の一番前に陣取る。
モニターに手がかけられるくらいの近さだ。
まず始まったのが地元のBANDと思われるオープニングアクト、ETERNAL。
DTのように展開する長めの曲を2曲だけやって下がったけどなかなか良かった。
そしてしばしのセットチェンジを経て、スモークが焚かれ、
Symphony Xの登場だ。

どう見てもLIVE会場向けではない体育館のような講堂、音響面ではとても良いとは言えない。
オープニングアクトの時点で、自分の位置では対極にいるKeyや、Voの声までもがよく聴こえないことがわかっていたが、Symphony Xが登場してもやっぱりホントに聴こえない(笑)
後ろから廻ってくる音で判断する様な感じで、そこはもうしょうがない。
聴こえない部分は脳内再生で補って(笑)
とにかく目の前のロメオ様にかぶりつきでノリまくってきましたよ。
DSC01574-s.jpg
目線はロメオ、ロメオ、ラッセル、ロメオ、ラッセル、ロメオ、ロメオ、ロメオって感じ(笑)

ピネーラさんは遠くて残念。
DSC01576-s.jpg

やはり最新作の「Paradise Lost」からの選曲が多かった。

1. Oculus Ex Inferni
2. Set the World on Fire (The Lie of Lies)
3. Domination
4. Serpent's Kiss
5. Masquerade
6. Paradise Lost
7. Inferno (Unleash the Fire)
8. Evolution (The Grand Design)
9. Smoke and Mirrors
10. Revelation (Divus Pennae Ex Tragoedia)
   ~ Paradise Regained (The Divine Wings Of Tragedy)

Encore:
11. Eve of Seduction
12. Of Sins and Shadows
13. Sea of Lies

DSC01578-s.jpg

タイトル曲"Paradise Lost"は名曲やのう~
ラッセルの貫禄の歌いっぷり、ものすごくかっこいい~!
DSC01579-s-s.jpg

ロメオはソロになると左端へ行ってしまうんで、
超絶ソロは目の前で見ることは少なかったけど
やっぱりお口あんぐりしちゃう指の動き、すんごい軽そうに弾くんだよね。
凄すぎる~
DSC01587-s.jpg

素晴らしい彼ら!ありがとう!
DSC01595-s.jpg

終演後はVIPチケットの特典で、サイン会。
メンバー全員のサインをもらい、握手をしてもらった!感激!

死ぬまでに一度は観たいと思っていた生Symphony X、
実現した後には、さらに贅沢な欲望が湧いてきてしまったぞ。

今度は良い音で体験したい!!!


そんな彼らの最新作、「Paradise Lost」はInsideOutから5.1chバージョンもリリースされている。

Paradise Lost 5.1Paradise Lost 5.1
(2008/11/04)
Symphony X

商品詳細を見る


オフィシャルサイト
http://www.symphonyx.com/
MySpace
http://www.myspace.com/officialsymphonyx
スポンサーサイト
テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Symphony X / V: The New Mythology Suite

V: The New Mythology SuiteV: The New Mythology Suite
(2000/10/10)
Symphony X

商品詳細を見る


~Symphony X 強化週間

実は来週、Symphony X台湾公演に行ってきます。
アジアツアーが最初に発表された時、
まだ追加のアナウンスがあるというので
もちろん来日を期待してたんだけど、
第二弾の発表でも「Japan」という文字はなかった・・・
まぁしょうがないのかね、この円高じゃ。

かなりあきらめモードだったんだけど、
いろいろな都合がついて台湾公演に行けることになった。
いや~楽しみだぁ!


このアルバムはSymphony Xに関しては遅咲きの自分が
初めて出会ったアルバム。
圧倒されたね。
まさにその名前の通り、シンフォニーなのだよ。
曲の構成、流れが素晴らしすぎる!
そしてリフが、ピアノが、声が、カッコ良すぎる!
このアルバムはずっと繋がってるので止めることができない。
全部でひとつの組曲なのだ。

その後の「The Odyssey」や「Paradise Lost」も
アグレッシブさを増してそれはそれでカッコ良いんだけど、
このアルバムはちょっと違う。
ネオ・クラシカルの真骨頂ではないかと思う。

う~ん・・
稚拙な私の表現力じゃうまく語れないなぁ・・・

オフィシャルサイト
http://www.symphonyx.com/
MySpace
http://www.myspace.com/officialsymphonyx

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Symphony X / The Divine Wings Of Tragedy

The Divine Wings of Tragedy The Divine Wings of Tragedy
Symphony X (1999/05/04)
SPV
この商品の詳細を見る

(↑ジャケ写をちゃんと表示するためにこの盤を選んだけど、再発盤で安く購入できるものもあるので購入の際にはよくよく選んでどうぞ^^)

最近車の中ではSymphony Xがかかっている。私は通勤に車を使ってるわけではないので、あまり長時間聴けるワケではないが、日々なにかと車を使うのでかなりの頻度で耳にする。
枚数を揃えているBANDについてはアルバム5~6枚ほどをmp3にして1枚のCDRに収めている。

私はSymphony Xは5th"V"から聴き始め、遡っていったのでまず最初"V"が一番のお気に入りであった。4thの"Twilight in Olympus"も気に入って結構聴き込んだが3rdであるこの"The Divine Wings Of Tragedy"は思えばあまり聴き込んでなかった気がする。現時点での最新作である"The Odyssey"の方に傾いていたのかも。
そんなワケであまり聴き込んでなかった3rdも含め車の中でひたすら流していたらある時ふと3rdいいじゃん!となってきた。今ならファンの間で3rdが傑作とされるのも納得できる。6th"The Odyssey"が随分アグレッシブなアプローチが多いなと思っていたがこのアルバムもなかなかアグレッシブだった。
タイトル曲の"The Divine Wings Of Tragedy"は荘厳なるコーラスから始まり、ホルストの"惑星"の"火星"をモチーフにしたと思われる勇壮なオープニングから、メロウな歌い出し、ドラマティックでプログレッシブな展開を持った大曲だ。
大曲の後に続く"Candlelight Fantasia"の美しく切ないメロディに癒される。

2005年に行われたGIGANTOURのDVDも観つつ、
やっぱSymphony Xいいなぁ!と思う今日このごろである(笑)
テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽
プロフィール

Author:Odenchi
HOME:
A CHANGE OF SEASONS

最近の記事
カテゴリー
twitter

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カウンター
ブログ内検索

last.fm

Recommend

リンク
RSSフィード
最近のトラックバック
LINK
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。